ワールドレップサービスの低線量全身放射線治療は、がん細胞に侵された細胞の修復を目指します

ワールドレップサービスが行っているガンやリウマチ、白血病の治療法の一つに、低線量全身放射線治療というものがあります。これは、低線量の放射線を全身に浴びさせるというもので、これによってp53というたんぱく質の合成を目的とします。p53とは、がん抑制遺伝子で、この遺伝子から作られたタンパク質は、DNAに損傷を受けた遺伝子に対して働いて、細胞増殖を中止させ、DNAの修復を促進させ、さらには修復できない場合にはその細胞を殺すなどの働きをします。つまり、がん細胞に浸食された細胞のDNAの修復をめざし、もし修復できない場合はその細胞を殺してしまう、つまりがん細胞ごと細胞をなくすという働きをするということです。ワールドレップサービスについての詳細は、こちらのサイトをご覧ください。


非常用発電機 大阪

名古屋 中区 皮膚科

食品検査

東広島市 賃貸 売買

税理士 大阪 会社設立